2023年01月30日

逗子へ

image/ibg-2006-04-01T21:43:40-1.jpg

IBレディーでもある舞ちゃんの規格のハーブ・オータ・ジュニアのウクレレコンサートのために終業後、ビートを飛ばして逗子まで。ぎりぎりセーフの2時間半。
ウクレレが何色ものの音を出すようなテクニックは感動ものでした。とてもあたたかく、柔らかいムードの演奏なのですが、ウラには超絶な技巧があるような感じでした。

写真は妻の紅茶友達のご夫妻の所有のフィアット・プントとビート。
なんだか似てますね。
posted by sotaro at 00:02| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

納期遅延の原因(補足)

さきほどは納期の管理に関して「現状では完璧を期する事ができません」などとカンタンに書いてしまいましたが、その理由について補足をさせていただきます。


納期遅延の原因は
1.加工能力に対する受注量の過大
2.ひとつの仕事にどれだけの時間がかかるか、事前に予想がたたないという
内燃機加工の持つ特殊性
3.納期管理態勢の不備

などがあげられると思います。
1.については短期的には時間の経過とともに解消することを期待しています。
例年、年の後半(通常ですと6月ごろから)は受注量は減少しています。
また、特殊加工品の受注を一時差し止める事でさらに緩和を図りたいと思います。
2.については
i) 一品加工で加工前の現品の状態(錆・クラック・鋳物のばらつき・ライナーが加工力で回ってしまう・加工基準面の不整など)に作業時間が左右される事。
ii) 加工自体にに無理・不可能・困難があったり、ご支給品の不適合などが加工時に発見されること。その対策のための連絡・相談・加工方法の変更などのために発生する作業の遅延。
などの内燃機加工が本質的に抱えている問題点もありますが、こちらについても特に問題が発生しやすい特殊加工品の受注を避ける事は効果があろうかと考えています。また受注時に加工しなくとも発見できる問題点はできるかぎり受注時に明らかにするようにしたいと思います。
3.については昨年より、ダイレクト(宅配便などによるご依頼)とお持ち込み品のすべてを受注時にコンピュータ入力して一覧できるような態勢をとっています。(これはサービス部全受注量の3分の2にあたります)ただ、まだ営業の持ち帰り品についてはこれが実施できていません。この部分の不明確な受注品が全体の納期に影響を与えている部分があります。
中期的にはなんらかの対策をしていきたいと思いますが、現状はこの受注開梱・入力作業自体もオーバーフローしています。
お客様には以前よりお願いをしていますが、ご依頼品の発送時にはオーダーシートの添付をおねがいしたいと思います。数日前に電話でお話した件について、受注が確定しない段階でどなたのオーダーでどのような内容かを全て記録し突然到着する現品と照合することは、現在の受注量では不可能です。その都度、お客様にご連絡をとって確認をしませんと作業ができません。
個人のお客様はお仕事中は連絡がつかない場合も多く、ショップさんも平日休業されるところが多いため、この連絡作業にも多くの時間を費やしてます。オーダーシートがあれば、すぐに加工手配や問題点を整理することができますので、お客様には別送のFAXやお電話の連絡ではなく、必ず現品にオーダーシートを添付していただけるようお願い致します。オーダーシートはホームページのものをプリントしていただくのがベストですが、任意の書式でもかまいません。
またまたお願い事になってしまいましたが、よろしくおねがい致します。

以上、納期の遅れが発生してしまう事情について、疑問に思われるお客様がいらっしゃるようでしたので、補足をさせていただきました。「30分で終わる仕事になぜ10日もかかるのか」というお気持ちは当然のことと思います。

このように会社の内情をさらけ出してしまうことには大きな抵抗感もあり、内心忸怩たるものがありますが、お客様に現状を知っていただき、少しでも当社をうまく利用していただければという思いからご説明させていただきました。
早期の解決に向けて努力をしてまいりますので、いましばらくのご理解とご協力をおねがい致します。
posted by sotaro at 00:02| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月01日

お客様から

今年のはじめにいつもご利用いただいている本岡様というお客様から
画像付きのメールでご挨拶をいただきました。
お客様からこのようなご報告をいただけるなんて、仕事をしていてこんなに
嬉しい事もなかなかありません。

本岡様
--
CS65レーサーのエンジンでお世話になっている横浜の本岡です。
昨年はおかげさまでタイムトンネルを無事完走できました。 雨の中のレースでしたが
一昨年に比べパワーも上がり、全体のポジションも少し前の方でゴールできました。
--
とのことです。

本岡様、ほんとうにありがとうございます。
ずいぶん前にHPでご紹介させてくださいなんて言ってましたが、
やっとblogを使って紹介できました。遅くなってすみません。
その後バイクの調子はいかがでしょうか。

今年のタイムトンネルは10月ということでしたが、少しづつバイクの方も
いじってらっしゃるんでしょうね。
今後もますますのご活躍を楽しみにしています。

このあとも当社をご利用いただいているお客様のHPなどを少しづつご紹介して
いければと思っています。

では、また。
posted by sotaro at 14:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月03日

がんばれ!水素エンジン

今、世界の自動車業界は「燃料電池車」の話題で持ち切りですよね。ハイブリッド車ではトヨタのプリウスが先行していますが、いずれは本命として燃料電池車が出てくる。ハイブリッド車はそれまでの「つなぎ」と考えられているようです。
でも、燃料電池車って結局電気自動車じゃないですか!モーターで走るんですよね。
これはイヤですよねー、エンジンに関わって生きている僕らにしてみれば。
モーターって上から下までトルクが変わらないんですよね。それはいいことかもしれないけど、エンジンには「トルクバンド」があるからこそ、ギアボックスも必要でおもしろいのに、アクセルを踏んだら踏んだだけただ黙って走るクルマなんてつまんないよなー、と思うのは燃料電池車に乗った事のない人間の偏見にすぎないんでしょうか。
その点、BMWは偉いですね!
DrivingFuture(BMW)
BMWが考えてるのは水素エンジン。なんと同じエンジンでスイッチひとつでガソリンでも走れて、面白いのはバッテリーの代わりに燃料電池も積んでる、というクルマです。詳しくは上のHPを見ていただいた方がいいと思うんですが、これは応援したいですね。
あと、日本にも偉い会社がありました。
MAZDAです。
DrivingFuture (RX=8)
なんとRX-8にロータリー水素エンジンを積んでるんですね!
他にも日野とか、武蔵工業大学でも昔から研究してるらしいです。これがうまくいってくれれば、今のエンジンに近い形の原動機が今後も生き残ってくれるかもしれません。
まあ、日本の将来を考えると燃料電池の成功はとても大切なことなんでしょうけど、僕としては水素エンジンにもぜひがんばってもらいたいですね。
で、そんなことできるかどうかわかりませんけど、日本に水素スタンドなどのインフラが充実した暁には、ウチの会社では古い2ストバイクでもなんでも、水素エンジンに改修して、ずーっと乗れるようにしてあげるサービスを開発できたら!
なんて、そんなことまで実は考えてます。(^^)
みなさんは将来のエンジンについて、どんなふうにお考えですか?
ご意見があったら、ぜひコメントなどでお聞かせください。
posted by sotaro at 13:58| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月04日

GEN's RZR350 Racerのホームページ

今日はいつも当社をご利用いただいている「GEN」さんのホームページをご紹介したいと思います。
当社が2ストのスリーブ製作の仕事に乗り出すきっかけをくれたのも実はGENさんなんです。こんなに熱心に2ストのバイクでがんばっている人がいるんだ!という思いで、なんとか応援したいと思いました。
そして現在はRZ250Rのレーサーでがんばっているようです。なんとそのマシンのためのオリジナルチャンバーまでつくっていて、これは御希望の方がいれば受注生産で作ってもらうこともできるそうです!!先日はこのチャンバー用のフランジの製作を当社のマシニングセンターでお手伝いしました。
レースでの経験をつぎ込んだこのチャンバーはきっと素晴らしいものになっていると思います。RZ250Rに乗っている方は一度連絡をしてみるといいのではないでしょうか。
GEN's RZR350 Racer
HPで拝見すると、まだ小学生のお子さんふたりも、すごいハングオンでコーナーをせめてますよ!おどろき。

それにしても、「情熱」ってほんとにイイですよね。
人が生きていくっていう事の意味がほんとうによくわかる気がします。
もし、そんなバイク好きの人のお役に立つ事ができるとすれば、ウチの会社の仕事にだってなんらかの意味があるんじゃないか、とそんな気さえしてきます。
みなさんもぜひ一度みてみてください。

posted by sotaro at 21:39| 埼玉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月06日

エンジンのついた乗り物

少し前の記事にも書きましたが、僕はエンジン付きの乗り物が大好きです。
電気モーターで走る乗り物にはどうも興味がわきません。世の中には電車が好きなんていう人もいますよね。僕には信じられません。あんな自分で運転できもしない、できたってダイヤで運行をしばられて、レールの上を走る事しかできないものを好きになるなんて、ほんとに僕には意味不明です。(好きな人がいたら、ごめんなさい。)
もちろんクルマ。そしてオートバイ。その他に実はモーターボートやジェットも持っています。
特にモーターボートについては一応専門家のようなものでもあって、モーターボートの雑誌に連載を持って、新しいボートがでるとインプレッションの記事を書いたりしています。
実は昨日はその仕事で出張をしていました。その様子はこちらで見ていただく事ができます。
SOTARO's blog
空を飛べたら、もっとすてきかもしれませんけれども、レシプロエンジンには空というのは少し広すぎてパワーが足りない感じが僕にはします。
その点、水の上を走り回るにはエンジンはかなり適したパワーを持っています。水の上には信号も制限速度もありません。思い切ってエンジン全開で走る事だって、望むなら自由にできます。
僕は水の上で、エンジンの力をロープを通して自分の両手で受け止めて水の上を滑るスポーツを長年やってきました。水上スキーとウェイクボードです。これもなかなかに面白い世界なんですが、この話をはじめるときりがないので、これは先ほどの別のblogでお話していきます。もし興味のある方はそちらものぞいてみてください。
posted by sotaro at 06:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月12日

お客様のところへ

今日はとあるお客様のところへ、納品かたがたシェルパTに乗って遊びに行ってきました。
先月、蒸気機関車のモデルの金型にする、という曲線加工のNC旋盤仕事を僕がやって差し上げたんですが、聞けば、HONDAのコレクションホールのバイクの7割方のレストアはこの方が仕上げたものだとか!

そのへんの詳しいことは下のURLを参照して下さい。
http://www.honda.co.jp/collection-hall/archive/Takumi/

くだんの蒸気機関車のモデルもすごいものだったし、レストア待ちのふっるーいバイクも並んでいて、こちら自体がコレクションホールみたいでした。
ヘッドライトがガス灯のバイクなんかもあった!!

H社にお勤めだったころは、トライアルバイクのメカニックとして世界を転戦されてたこともあったとか。

「へー、いいバイクにのってるじゃないですか」ってシェルパTのことも誉めてくれました。

いつかまた行って、HPへの掲載許可をいただけたらぜひみなさんに写真でご紹介したいような、イングランドムードイッパイのガレージでした。
posted by sotaro at 23:56| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月25日

ちょっと多忙につき、、、、

ここのところボーリング業ではない、製造関係の仕事が忙しく、
あまりblogに適した話題がありません。
(あ、自分がタッチしてないだけで、みんなはボーリングやらヘッド加工やら、がんがんやってるんですよ!)

ブルタコの方も天気が悪くて乗れず、メンテもできてないし。

自分で点火時期調整をしてみようと思って、点火時期を計るプラグみたいな
特殊工具やらフライホイールプーラーなどを買ったんですが、いじる暇なし。

残念ですー!!

ま、そんなにオモシロイ仕事ばっかりはないってことですね。(^^;;;
posted by sotaro at 10:31| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月26日

KX250!

KX250
KX250(クリックすると大きく観られます。)

僕がブルタコを購入したお店は兵庫の「ミドルウェスト」さんと言います。
このKX250はそのお店のハヤカワさんのもの。実はブルタコを売ってもらった時に
このバイクのシリンダーのスリーブを製作できないか、とご相談を受けて、やって差し上げたんです。
もともとはメッキシリンダーだったものを、鋳鉄スリーブで再生。オーバーサイズの
ピストンを入手すれば今後とも長くこのバイクとつきあっていける、ということなんですね。
いやー、シンプルなKX!かっこいいですよね。ハヤカワさんはこのバイクに特別な
思い入れがあるらしく、シリンダーが再生できたことをとても喜んでくれて、
こうして完成した写真まで送ってくれました。
すでにモトクロスコースで馴らしも済ませたそうです。

「ミドルウェスト」さんは古いオフロードバイクを専門にされている、ということで、実にユニークなコンセプトのお店だと思います。
今、元気なのはこういう独自のスタンスを持っているお店ですね。
しかも仕事としてだけではなく、自分でもバイクを楽しみ、お客様やみんなとチームを組んでイベントをやったりしているようです。
その様子はホームページでも紹介されています。
ハヤちゃんのバイク遊びのすすめ
ぜひ見に行ってください。

自分が大好きなことを仕事にできるって、たいへんなこともあるけど、
素晴らしいことですよね。
そんなことが強く感じられるHPになっています。
posted by sotaro at 16:05| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月30日

ボーリングーBORING

(株)井上ボーリングという当社の名前なんですが、名前だけをみて勘違いをする方がたくさんいらっしゃいます。
ボウリング場とまちがえる人もまだいますけれども(笑)、それ以上に石油か温泉を掘ってるんじゃないか、って思う人が多いようですね。
まあ、なにしろウチの名前が井上、つまり井戸の上ですからねえ、そう思うのもムリはないかもしれません。

ところでこのボーリング、BORE(内径)を加工するっていうことでBORINGになるわけですけれども、この言葉を辞書で引くと「退屈する」ていう意味もあるんですよね。

ってことは「井上ボーリング」=「井上が退屈している。」(^o^;;;;

若い頃、正直言うと工場の中での仕事(特に量産の仕事)を退屈に思ったこともありました。(すいません。)世の中にはもっとおもしろい仕事がいっぱいあるように思えたんです。
でも、最近はだいぶ考えが変わってきました。特にウチで言う「修理部」の仕事には
退屈どころか、わくわくするような部分がすごく多いことが、よく見えるようになってきたんですね。

自分でバイクをいじったり、お客様のレースを見に行ってみると、ひとつひとつの加工した部品の向こう側に、こんなにもさまざまなドラマやストーリィがあるんだ、っていうことをひしひしと感じるようになりました。

一日にボーリングだけでも10個とかを加工していると、到底全てのドラマに関わっていることはできないんですけど、この加工の向こうにバイクやクルマに対するいろいろな思いがあるっていうことは忘れないでいたいと思います。

あとはメールや掲示板でお客様と言葉をかわす機会が増えた事もほんとうによかったと思います。仕事をさせてもらって、お金をいただいて、その上お礼を言われちゃったりすると、もう加工屋冥利につきますね。ほんとにありがとうございます。
お礼を言うのはこちらの方です。

なんとかこの仕事を大事に長く続けていきたい、とほんとに思います。
今後ともよろしくお願い致します。m(__)m
posted by sotaro at 12:32| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月03日

これは?

image/ibg-2004-08-03T15:52:33-1.jpg別のシェルパTです。(^^)

今日、突然メールをいただいて当社まで来てくれました。
どうやら同じ1976年のシェルパTです。250と書いてありますから
同じ158かと思いきや、どうやらエンジンは、、、、?(^^)

image/ibg-2004-08-03T15:54:55-1.jpg
河野さんと言う方が持ってきてくれました!
このblogを見て、部品の入手などのことで興味がわいたみたいです。
BULTACO.UKのことをお教えしましたが、シェルパTやトライアルのことについては僕なんかよりよっぽどお詳しいようでした。
今月あのイーハトーブに出場されるんだとか。

こんなかたちでブルタコつながりができていくなんて、素敵です。
ハラさーん!ハラさんも早くシェルパT治してくださーい。
いつかみんなでシェルパTミーティングでもやりましょう!

あ、自分のも今は入院中だった。早く治してやらなきゃ。(^^;;;;
posted by sotaro at 15:52| 埼玉 ☁| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月09日

8/7

鹿島まで行ったので、一旦修理が終わったというシェルパTを引き取ってきました。
ところが、どうも調子がよくありません。
なんとかマリーナまでは帰れたのですが、翌日土手を走っていくと、
前回と同じような症状でバックファイアがひどく、力も全然なくなって立ち往生。

マリーナまで押して帰って来ました。遠かった。(^^;;;

で、今はまたコバヤシさんに再入院中です。

ハラさんのおっしゃるようにコイルでしょうかねー。
点火時期は前回見てもらってるはずで、そんなに狂うもんじゃないですよね。

うーん。なかなかblogのネタはつきないですね。

キックしまくり、に疲れるとついヤマハのトリッカーでも買っちゃったら、
壊れる事もなく遊べるかな、なんて思っちゃうんですよ。

でも、それじゃblogのネタにはなりませんよね。(^o^)
珍しくもなんともない。

ま、別にblogのためにブルタコを買ったんじゃないんですけど、(^^;;;
同じバイクを持つなら、少しは面白いバイクの方がいいですよね。
たくさんバイクを持つと面倒見切れなくなるし。

やっぱりシェルパTに大事に乗って、がんがん乗れるようになるまで
なおしてやることにしようっと。
河野さんみたいに、シェルパTでイベントに出ちゃう先輩もいるんだから、
負けないようにがんばります。(^^)



posted by sotaro at 11:05| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月17日

MOTO MAINTENANCE NO.55

なんと、私subjの雑誌の表紙モデルを務めさせていただきました!!
水遊びの方などでいろんな雑誌とのおつきあいは多いんですけど、
さすがに表紙に載っちゃうなんてことは考えた事もありませんでした。

もちろん、愛しのBULTACO SHERPA Tも一緒です。
ウチの工場の中で、照明ばっちりあてて撮ってもらいました。
タレント気分でした。わはは。(^o^)

発売は8/16日。
ぜひ、お買い上げください。
表紙のおかげでこの号はバカ売れってことになるといいな。
それで、あちこちからモデルの依頼が殺到!(あり得ねー!)(^o^)

こちらでも表紙は見られるようになるはずです。
http://www.neko.co.jp/guest/magazine/motomaintenance/

前にも書きましたがこの雑誌、ほんとうに作っている人たちが
バイクをいじるのが大好きってことが、誌面からも伝わって来ます。
そのために隅々までオモシロい記事がいっぱいです。しかも結構売れているらしい。
雑誌はこうでなくっちゃね。
posted by sotaro at 07:08| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月06日

大地震?!

今テレビを見ていました。
すると、今後30年間に東京に関東大震災クラスの直下型地震が来る確率はなんと70%だなんていうんですよ!
うわ、こりゃ大変だ。さっき地震保険の案内が来てたけど、入っておいたほうがいいのかな、なんて不安がよぎります。

でも、そのあとで、その地震では「7,000人の人が亡くなるだろう!」という予想が続きました。ここで、僕は「あれ?」と思っちゃいました。

そんなに少ないの?

いや、一度に7千人もの人が亡くなるのは、間違いなく大惨事には違いないんですけどね。でも東京には1,200万人以上人が住んでるんでしょ?だったら、百万人ぐらい死ぬんじゃないの?と思ったんです。怪我する人が15万人くらいって書いてあったかな。意外に少ないと思いません?

とすると確率として亡くなる人って人口の0.05%くらい?
なーんだ。申し訳ないけどお年寄りとか子供とか病気の人もその中には多いんだろうから、僕みたいな元気なおっさんが死ぬ確率はほとんどないんじゃないすか?
わはは。(^O^)

よかったー。家なんか焼けちゃったって、自分さえ元気なら、まあ〜、なんとかなるでしょう。

ということで、地震保険の案内は封筒ごとゴミ箱に行ってしまったのでした。(^o^)
会社と家にトライアルバイクを置いとけば、何がどうなっても辿りつけないこともなさそうですしね。

と言う事で、みなさん地震への備えだけはしっかりしておきましょう。食料品もしっかり備蓄!
なにしろ、たぶん死なないんですから、お腹の減るような事態になる確率はかえって高いですもんね。ははは。(^^)
posted by sotaro at 21:25| 埼玉 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月08日

異常気象?ほんとに〜?

この「異常気象」って言う言葉、メディアは大好きみたいですね。
マスコミがこの言葉を使わなかった年ってあるんでしょうか。

「去年は冷夏で異常、今年は酷暑で異常、おまけに台風は来るは地震はあるは浅間は噴火するしで世界の気象はたいへんなことになってるんじゃないのか!?」

でもさあ、そんなに毎年異常っていうことは、実はそれは普通っていうことなんじゃないの?

センセーショナリズムの基本は人々の不安を煽る事、なんですかね。

どう考えても台風と地震は全然関係ないと思うんですよ。
ここのところの地震と噴火も関係ない。
夏が暑いのはいいことじゃないですか。たまには寒い夏だってありますよね。
日本に来る台風が多いったって、日本に来なけりゃ台湾や中国やフィリピンや韓国が難儀してたんじゃないの?よくは知らないけど。(^^)
発生した数も多いのかもしれないけど、そんな年だってあるんじゃないのかなあ。

昨日のお昼のNHKだったかな。「さっきまでこの建物のそとで取材をしていたんですが、先ほどからあまりに風雨が強くなったので玄関の中からお送りしています」だって。
つまりリポーターが外で取材してるウチは、どんなに悲鳴を上げてても台風はたいした事はないってことですね。そりゃそうだ。 わはは(^o^)

ここんとこ、話題が仕事から外れてますね。すいません。
仕事が順調なんです。(^^;;;;
posted by sotaro at 11:32| 埼玉 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月10日

IBロゴ

image/ibg-2004-09-10T12:36:06-1.jpg
IBロゴ
今年から採用した新しい井上ボーリングのロゴです。
デザインは友人のパッケージデザイナーの方ににお願いしました。

このロゴマークのステッカーを当社をご利用いただいたお客様だけに差し上げています。

まだホームページなどのロゴも更新していないんですが、だんだんにこのロゴに統一していきたいと思っています。

確かな技術でエンジンパーツが加工してある信頼の印として、みなさんに認知していただけるようにがんばりたいと思います。
(株)井上ボーリングの新ロゴをよろしくお願いします。
posted by sotaro at 12:36| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

IB T-shirts

image/ibg-2004-09-17T15:40:58-1.jpg

image/ibg-2004-09-17T15:45:22-1.jpg


ロゴ入りTシャツ

GENさんが先日IBのロゴ入りTシャツを作って持って来てくれました。
RZ250R,RZ350でレースをやるときにもこのシャツを使ってくれているようです。

GENさんのHPはこちらです。
レースの模様が動画や豊富な写真でみられますよ。

http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Race/7877/

また、こちらのHPで
「GEN'S FACTORY」ということで、IBの代理店もやっていただいています。
レース経験を通してメカニックとしての知識も豊富なGENさんに
RZのチューニングについて相談に乗ってもらいながら、加工のオーダーをして
いただくのもいいのではないでしょうか。

ぜひ、ご利用ください。

GENさん!いつもありがとうございます!!
posted by sotaro at 15:40| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

ハラさんから

image/ibg-2004-09-21T08:34:35-1.jpg
モペッドPUCH の写真をいただきました!

いや〜、カワイイですね!
78年型ですって。
IBステッカーが目立ってます。嬉しいですね。

image/ibg-2004-09-21T08:34:38-1.jpg

でもそれ以上に凄いのが後ろの土蔵!
「多分、天保年間の建築で築169年ぐらいです。」ってハラさんて
いったいどういう人なんでしょう??

この中にブルタ子ちゃんがいるんだそうです。
うーん、一度この目で見てみたい。

ハラさん、メールありがとうございました。

そうだ!!
blogをご覧のみなさんの中で、もしIBステッカーを貼った愛車の写真を
お持ちの方がいたら、コメントとともにぜひ送ってください。
このblogで紹介させていただきます。

お礼にディズニーの絵本「小さな自動車」を差し上げます!

このblog上で小さなバイクオーナーのコミュニティーができたら
すてきだな、と思います。よろしくお願いします。


posted by sotaro at 08:34| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

ドラッグレースマシーン

image/ibg-2004-09-28T14:31:53-1.jpg

お客様の尾池様から写真をいただきました。

この何とも迫力あるマシーンはモトチャンプ誌が主催するミニバイクの
ドラッグレース用のマシーンということです。

約50mを3秒ちょっとで走りきる、というものすごいレースのようです。
いやー、ユニークな発想のレースがあるものですね。素晴らしいと思います。

尾池様はホンダマシーンの中では最速を誇ってらっしゃるということです。

当社でエンジンの加工のお手伝いをさせていただきました。
もちろんその内容は極秘です!!

当社のステッカーも一番うしろにかわいく光っています。

尾池様、写真提供まことにありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

尾池様には、「青い自動車」の絵本を差し上げたいと思います。
ご笑納くださいませ。

私達の加工が少しでもお役にたてれば嬉しく思います。
ご活躍をお祈り致します。

(現在ご依頼の加工もベストを尽くします!)
posted by sotaro at 14:32| 埼玉 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月18日

モンデオワゴンで

image/ibg-2004-10-18T10:52:54-1.jpg積めた!

シェルパTを鹿島から持って帰って来たいと思いながら、なかなか果たせずにいたんですが、
昨日とうとう持って来ました。いつまでも鹿島に置いとくと錆びちゃいますからね。

でも、秋晴れの中を走って帰って来るというわけには行きませんでした。
鹿島への行き帰りはなにかと荷物も多いのでどうしてもクルマに頼ってしまうもので。

そこで、考えたのが、シェルパTをすこしバラしてクルマに乗せてしまおうっていう手段です。

やってみたら、ハンドルとタンク・シートを外すだけで乗っちゃいました。ラッキー!
前後ホィールやフロント回りも外さなきゃだめかと思ってたんですけどね。

こう言うときワゴン車はいいですね。
もちろんワンボックスならもっと積めるんでしょうけど、僕はワゴン車が好き。

走りも結構よくて、人もモノもいっぱい積める。
僕の愛車はフォード・モンデオワゴンです。
走行距離はそろそろ20万キロに達しようとしていますけど、なんだか買い替えたいという
気持ちになりません。ちょっと変わったフェイスのクルマなんですけど、好きなんですよね。
image/ibg-2004-10-19T09:05:54-1.jpgフェイス

エンジンがへたってもボーリングして乗り続けようかな。(^o^)
ディーラーさんはいやがるんだろうなあ。でも、それがウチの商売ですからねえ!
posted by sotaro at 10:52| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする