2018年08月31日

思い立ったらICBM(R)

iBの画期的な内径仕上げ技術【ICBMR 】たいへんにご好評をいただいています。

特にスタンダードのスリーブ・シリンダーに欠陥を抱えているKAWASAKI Z1/Z2 や H1/H2他のトリプルなどではオリジナルの欠点をカバーできる技術として絶大な評価をいただいています。
IMG_4204.jpg
IMG_4200.jpg

もちろんそれ以外の全ての機種でも鋳鉄シリンダーでは実現できない耐久性・軽量・放熱性の良さ・滑りがよく・焼きつきにくいなど理想のシリンダーを造れる技術として多くのご採用をいただけるようになりました。

IMG_4276.jpg
 2016年11月29日.jpg

ただボーリングをするくらいなら、メッキ化した方がはるかに良い。
これはもう内燃機技術の常識となりつつあるのではないかと思います。

ただ、まだなんとなく、「この次のオーバーホールの時にはぜひ採用しよう!」とお考えのかたも多いようですね。もちろんお気持ちはわかります。

でも、だんだんに調子が落ちて行く愛車をいつまでもそのままにしておく理由はありません。
メカニズムは絶対に自然治癒はしないのですから。(^o^)

これがいままでのボーリングや鋳鉄スリーブ入れ替えだったら、やむを得ない面もあります。
せっかくボーリングしてもまたその瞬間からだんだんに減っていってしまうのですから。
それに何度もボーリングすれば、スリーブが薄くなりオーバーサイズピストンもなくなってこれ以上はボーリングできないということにもなります。

でもICBM(R)なら、そんな心配はいらないんです。実質的にもうシリンダー・スリーブが減ってしまうという心配は不要になります。
だったらできるだけ早い時期にICBM(R)を実施して、気持ちがよくスムーズに回るエンジンにしたほうがいい。
そのイイ状態はほぼ永遠に続くんです!

つまり、愛車をカスタムしたりドレスアップするのと同様に、エンジンをバージョンアップするのは早い方がいいんです。

「思い立ったらICBM(R)!」
次のオーバーホール時期まで待つ必要はありません。

iBではまだまだ多くのかたのお役にたてるようにICBM(R)の受注体制は万全に整えて、みなさまのご依頼をお待ちしています。
旧いバイクだから、エンジンもこんなものだろうなどと思わず、ICBM(R)で愛車を思い切りリフレッシュしてください。

発注のご相談・ご用命は下記のICBMR 専用ぺージからも可能です。
https://company-site.jp/icbm-2


よろしくお願い致します。

posted by sotaro at 09:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。