2016年09月20日

働き方改革について

このエントリーは先日のiB-TV「エンジンで行こう!」の中でお話しした内容です。
時間をかけて動画を見るのが苦手な方もいらっしゃると思いまして、blogに再録してみようと思います。

f79a5f5c8ae7b2503c02b03871fd41dd-300x169.jpg

--
前回の放送でもお伝えした通り、iBは基本的に残業をしません。まあ、あたりまえのことなんですけどね。でも、日本の企業ではむしろ残業をするほうが当たりまえになっています。欧米に比べて生産効率が悪く労働時間が長い、ということが問題になっているんですね。
iBは残業をしないだけではなく、水曜研究時間と言って水曜日の午後はフツーの生産的な仕事はせずに、自分が自由に新しい技術に挑戦したり、新製品の開発に取り組んだり、レースやイベントの準備をしたりということで、自分で働き方を考えて愉しく仕事をしてもらおうという時間を作ったりしています。たいへん有意義なことだとおもってやってるんですが、でもこういうことばかりをやっていると、本来の仕事が遅れてしまうのではないか、生産や業績があがらないのではないか、というふうに考えられることが多いと思います。確かにそうなんです。どう考えても普通はそう考えます。
ところが! これは僕の経験ですが、会社の業績は残業をしないほうが、不思議なことにあがってくるんです。


水曜午後の研究時間に「バイクやエンジンに詳しくなりたい」とHONDAモンキーのエンジンを分解するKKURUMIさん。

昔はiBも残業をしていました。通常十九時まで、でもなにかあるともっと遅くまでやっていました。実際、間に合わない仕事があって、やれば納まる。売上もあがる。お客さんだって間に合えば喜ぶ。仕事があるのはありがたいことじゃないか。それなのに残業しないで帰っちゃうなんて、ふざけるな!やる気あるのか!
そう考えて残業をしたり、休日出勤をしたり、徹夜で機械を回すなんてことも普通にやっていました。そうやって頑張るのが偉い人真面目な人、やる気のある人だと当然のように思い込んでいたんです。
ところが今は180度逆で、仕事が納期に収まらないのはなにか仕事のやり方に問題があるんだ。それをきちっと時間内にやるのは有能な人で、残業をするっていうのはそれができていないかっこ悪いことだ、と考えるんです。
これ、iBでも最初は抵抗がありました。それに自分自身も半信半疑でした。
政府も働き方を改革していかなくてはならない、とかんがえています。多くの会社を経営する人も、また働く人自身もみんな残業をしないで成果があがればその方がいいにきまっている、とかんがえているわけです。それなのに、これが実際にはどうやっていいのかわからない。うまくいかない。実現していかない。どうしてなんでしょうか。
逆に考えると何故残業をしない方が業績があがってくるのか、これがわからないと怖くてこんなトライはできませんよね。一応はその経験をしたわたくしがこうではないか、という考えを述べさせていただきます。


それは、第1にメンタリティーの差です。
「残業するのは偉い」「残業する人はやる気がある」という空気の中だと、みんな自然と残業をせざるをえないようになります。これはみなさん経験があることで、わりと普通のことだと思います。
さて、でも残業があたりまえになると、それほど忙しくない時期にさえ、仕事のペースを落としたり、あまり合理的でない仕事の仕方を選ぶようになってしまいます。いかにして早く仕事をすすめるか、ということではなく、仕事をしている雰囲気を出しながら、実際には仕事があまり進まないような方法を選ぶことに慣れてしまうんです。
ところが、その反対に残業なんかするのは無能だからだ、なにかうまくいってないから残業なんかしなくちゃならないんだ、かわいそうに、という空気の会社だとこれがまったく逆になります。なんとかして、能率のいい仕事のしかたはないか、もっと合理的で儲かる仕事のしかたがないか、というふうに真剣に考えるようになります。このメンタリティーの差が決定的なんだろうと思うんです。
普段、効率の悪い仕事の仕方ばかり考えることに慣れている人が、いざ大事なしごとを効率よくやらなくてはならないという場面になったときに、突然考えを切り替えてがんばれるのか、というとそうはいかないんだろうと思います。ふだんから効率のよい仕事のしかたで短時間に集中して仕事をする癖がついているかどうかがとても大きいと思います。

第2に
企業が目指すことは効率よい利益が出る仕事の仕方、であって必ずしも売上の拡大や規模の拡大ではない、ということです。このおおもとを理解していないと、経営者自身も判断を間違います。
小さくても大きな利益が出る会社もあれば、大きくても赤字の会社もあります。特に大企業以外の企業が目指すべきことは規模の拡大や維持ではなく、利益率のいい・「儲かる会社」をいかに作るか、ということです。
残業をすることで、それだけ売上の額が増えることはまあまちがいないと思いますが、そのことによってはたして利益率はあがるのでしょうか。残業は残業手当がついてその分だけでも利益率は下がります。まして第一に指摘したようなメンタリティーの悪化があります。
残業をすることによって売上の規模はわずかにふえる一方、通常は利益率は下がってしまうんです。これではなにをやっているのかわかりませんね。だって、会社の目的は利益率をあげることであって、売上の額ををわずかに増やすことではないんですから。

これが残業を極力しないようにするべき、最大の理由だと思います。

さあ、このように理屈を整理をすると当たり前のようにも思えるお話ですが、実はこれを骨身にしみて理解するのは、なかなか簡単なことではありません。まずは実験的に残業を減らすことができるような地道な取り組みを始めていくよりないかと思います。でも、その先には必ず残業だらけの状態よりは「愉しい仕事のできる会社」という状態が待っていますので、ぜひ恐れずに取り組んでいただければと思います。そんなことを言っているiBは実はたいして儲かる会社にはなっていませんが、この12年間にわたって赤字は出していません。儲かるかわりに「愉しい仕事のしかた」「愉しい会社」を作ってきたと自負しています。世の中の会社がみんなiBみたいな考えになれば、ブラック企業なんてすぐにもなくなるし、政府の「働き方改革」もどんどんすすむと思います。そして、それはいつかAIやロボットが進化して、企業の効率が素晴らしくよくなって、多くの人が働かなくても暮らせるような理想の社会を作るときにも必要な考え方だと思っています。    
posted by sotaro at 06:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック