2014年10月02日

「楽観(ポジティブシンキング?)を手に入れる方法。」

多くの人が悲観的になってしまう理由のひとつに、
なにかの課題が今すぐに解決しない、ということを嘆いてしまうというのがあるような気がします。

難しい問題はすぐには解決しないんですよ。
それはしょうがないじゃないですか。

でもその反対に、時間をかければたいていのことは解決するように思います。
そう思うのが楽観のヒケツだと思います。


5年や10年じゃ解決できなくても、50年もあれば解決するかもしれない。
それでもだめなら100年くらいゆっくり愉しく努力し続ければ今問題になっていることぐらいたいてい解決しているんじゃないでしょうか。

僕は300年後には地球は人類にとってパラダイスになると本気で思っています。

エネルギーの問題も国家の問題も宗教の問題もみんな人類の幸福を妨げるような問題ではなくなっているでしょう。貧困はきっとなくなっています。

生きる為に働くことも既に必要なくなっているのではないか、と思います。

その根拠は全人類の必要量(リーマンショック前の2008年統計)に対して50倍ものエネルギーが太陽から無料で地球に降り注いでいて、しかもそれを使える形(電気)に替える技術が既に人類にはあるから、です。

あとは今は安価過ぎて世界に溢れている地下資源由来のエネルギーが使われないようになって、それ以外の再生可能なエネルギーを使うようになり、それが生む富(もとより石油などよりは分配しやすい)を上手に世界で分配すればいいだけです。

今は溢れている石油やガスも今のまま使い続ければいずれは枯渇する事が明らかなんですから、これは一見難しそうにみえるけれども、必ず解決してしまう種類の問題のはずです。

僕達は人類6,000年の歴史の(あるいは人類誕生から百万年の時の流れの)総仕上げの直前を生きているんです。パラダイスを目撃するのにはちょっと生まれるのが早かったけど、それでも過去のどんな時代よりもパラダイスに近い幸せな豊かな時代を生きています。

あとたった300年で地上にパラダイスが実現すること。
それさえわかっていれば、毎日起こる問題なんてたいしたことではないですよね。

どんな問題も時間さえかければ必ず解決する。
自分にはできなくても、それほど遠くない未来にすべてのことは解決してしまう。

それさえ本気で信じられたら、もうなにも悲観することなんてできなくなってしまいます。

どうでしょうか、こんな考え方。(^^)

動画と内容はなんの関係もありません。ははは(^o^)



posted by sotaro at 08:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406380629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック