2006年10月24日

フジ キャビン

IMG_2366.jpg
発見しました!フジキャビン!!

久しぶりにHistoryの投稿です。
とうとう見つけました!フジキャビンの写真。といってもこれはウチで所有していたわけではないようです。創業者の父がFF(フライングフェザー)に乗ってドライブ中にたまたま出会ったんだと聞いたことがあります。
この頃の日本にはオモシロい意欲的な小さなクルマがいっぱいあったんですね。

相手のオーナーの方とお互いのクルマを覗き込んでいるのが、なんとも微笑ましいですね。フジキャビンを覗き込んでいる方が父です。(^^)

昔はなんとなくクルマのオーナー同士にちょっとした連帯感のようなものがあった気がします。父が好きだったBMWで走っていて、向こうからBMWが来るとお互いに手を揚げたり、フォーンを慣らしたりしたものでした。
滅多にBMWがいなかったからこそ、でしょうけれどね。

そのBMWもこのあと登場する予定です。他にもだいぶ古い写真を発見しました。父が乗っていたなんだかわからないバイクも登場します。お楽しみに(?)


posted by sotaro at 09:39| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | History | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フジキャビン、リアルタイムで見てましたよ!
下北沢で生まれ育った私は、小4か5年の頃、町に止めてあるフジキャビンを兄とゆすって面白がったりしました。グラスファイバーの車体は軽く、柔らかいサスは子供の力でも面白いようにゆれて転がるかと思うほどでした。
エンジン音は残念ながら聞いた覚えがありません。2ストシングルだったのかな?
Posted by マンジー at 2006年10月26日 22:08
マンジーさん、どうも!
そんなことしてたんですか?僕は横浜行ったら酔っぱらったアメリカ兵が何人かで、留めてあったスバル360を持ち上げちゃって遊んでるのは見た事あります。(^o^)
フジキャビンはグラスファイバーだったんですかー!!
昔は正直なんだかちゃちなクルマだなあー、なんて思ってましたけど、今考えるとオリジナリティーの塊みたいで、面白いですね。
小さなエンジンでなんとか安全に快適に人を運べる乗り物が作れないものか。日本にぴったりのクルマはどんなものなのか。そんなことを一所懸命考えていたんでしょうねー。
Posted by IB井上 at 2006年10月27日 06:26
フジキャビンのこと、書いてあるURLです。
http://www.ne.jp/asahi/happy/jollyboy/car69.htm
なんと85台のうちの一台だったわけですね!
エンジンはやっぱり2スト125ccだった。
車重は150kgだとか…
国産初のFRP車体だそうです。
当時の技術者って楽しかっただろうなーと
思えますね。
Posted by マンジー at 2006年10月30日 21:08
おお、フジキャビンはFFと同じ方の設計だったんですねー!!
そうなんだー。
当時の技術者、ある意味思い切ったことやっていて楽しそうですね。でも、必死だったんじゃないでしょうかねー。戦後の混乱期で。
Posted by IB井上 at 2006年10月31日 08:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック