2010年10月18日

NSRシリンダー再生


 写真はNSRのシリンダーを再生したものです。


いままでもIBではNSRのシリンダーの再メッキを承っています。

ただ、メッキ下まで傷が及んでいるようなシリンダーとか、細い掃気ポートと排気ポートの間に
クラックが入ってしまったものなどは再メッキができませんでした。

ところが最近はだんだん程度が悪いシリンダーが増えている事。それに加えてNSRのMC18('88-'89)モデルのシリンダーは既にメーカーさんからの入手ができないことなどが加わって、なんとかこれを再生できないかというご要望が増えて来ています。

名車NSR'88のシリンダーが入手できずレストアができないなんて由々しき事態ですものね。(^^)
それにせっかくIBでクランクの再生ができてもシリンダーがないんじゃこれも困ります。

そこでシリンダー内径の傷ついた部分を削り落としてしまって、当社得意の2ストスリーブ製作を実施、
そのスリーブを圧入してNSメッキで仕上げるということに挑戦しました。

結果、写真のように見事に再生成功!
上のシリンダーは手元にあったMC21のもので、このあと柱やポート面の磨き、ついでに外観のウェットブラストなども実施して
新品同様に仕上げようと考えいます。

実はシリンダーの再生はこのNSRだけでなく、あらゆる機種でできるようにこれから考えていきたいと思っています。
特に人気のあるバイクで新品シリンダーの入手ができなくっているようなものからトライしていきます。

第2弾はRZ250R(こちらは鋳鉄スリーブですね)を予定しています。
実はこちらも平行して加工作業は進行中です。

KHシリーズやH1/H2、初期型のRZやGT380,GT750,いろいろ候補はあがっていますが、blogをご覧のみなさまからももしリクエストがあればぜひお寄せいただければと思います。

ゆくゆくはIBのHPに行けばたいがいのシリンダーが新品同様で手に入るっていうような具合になったらいいなと思っています。

もちろん製品化ができていないものでも、一品製作で対応するようにしたいと思います。

旧いバイクの再生する上で何が一番いま必要とされているのか。それに対してIBでは何ができるのか。
IBではいつもそんなことを考えています。

IBの新しいシリンダー再生計画、こちらも応援よろしくお願い致します。(^^)




posted by sotaro at 10:06| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 加工のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これで2XTシリンダーのOH(再メッキ)にも
対応が出来ますね〜>喜ばしい事です。

しかし日本で制作されたバイクの整備が
日本で出来ないなんて、誰が考えてただろうか?
日本の文化って、そんなチャチィ「割り箸」文化
(使い捨て)なのだろうか?

そんな事を考えてしまいます。
何となく、悔しいですね。

レプリカバイク全盛の頃の、素晴らしい技術から
淘汰されて行くなんて、残念で仕方が有りません。
Posted by R1-Z黒 at 2010年10月18日 12:50
R1-Z黒様、コメントありがとうございます。
確かにメーカーからパーツが出ないのはこまったものです。

ただ、、旧い英国車のパーツや僕のブルタコのパーツが手に入るのはメーカーのおかげでなく(だってメーカーはもうとっくにないんです。)英国には好き者がいて、自分たちでパーツを造っていて日本から頼めば分けてくれるわけです。

ということは僕らもメーカーに文句言ってないで自分らでなんとかしなくちゃしょうがないんじゃないか、と僕は近頃考え始めています。
Posted by IB井上 at 2010年10月18日 21:17
良いですねえ。
いずれは希少種にもワンオフ対応出来るようになっていただければと思います。

また、現状オーバーサイズピストンの入手が困難になりSTDピストンとリングが余っている車種も多くあります。
それらも有効利用できることになりますもんね。

私のスバルはさらなる進化を続けています。
エンジン形式の構造変更を自分で作った書類で通したあとは勢いづいています。
フルトラ&CDIで点火系を強化したので次はチャンバーの製作に取り組み始めています。
ちなみにクーラーはちゃんと作動しましたよ(笑)
すでに涼しい季節に入ってしまったので本格的な負荷をかけての作動は来年に持ち越しですが冷風が出るところまでは確認しました。
Posted by あつし at 2010年10月20日 16:26
あつし様、コメントありがとうございます。
メッキはともかくとすれば、鋳鉄スリーブならどんな機種でもいまでも対応しています。ただ、それだとワンオフで値段が高くなっちゃうんです。それで、少しまとめて造って、純正で手に入らないシリンダーが新品同様で純正よりは少し安いくらいに造れたら、と考えて挑戦しています。

あつしさんのスバルはバンバン走れそうですねー。CDIにすると全然違いますよね。僕のBULTACOもそうなんです。

クーラー成功おめでとうございます!
次はエアバッグですか?!(^o^)




Posted by IB井上 at 2010年10月20日 16:52
MOTOメンテナンス92号(117ページ)のレストアシリンダーなどの記事を見て参りました。私のヤマハSDR200(2TV)もシリンダーが欠品となっています。不注意でエンジンオイルなしで走ってしまい、ピストン交換&ホーニング施工したのですが、やはりパワーダウンした感触があります。ですので、新しいシリンダーがあればなあと思います。(まず、一度IBに持ち込みして状態確認してもらったほうがいいですね。)
Posted by SDR at 2010年11月03日 00:57
SDR様、コメントありがとうございます!
GO!GO!内燃機!のページを読んでくださったんですね!ありがとうございます!!
こうして反響があるのは非常に励みになります。

SDR、僕も大好きなバイクです。なんど買おうと迷った事か!(^o^)
ぜひお手伝いしたいとおもいますので、シリンダーを見せていただければと思います。
お客様のシリンダーにホーニングなどなんらかの加工をできるかもしれませんし、記事のような2ストスリーブ製作のテーマとしてもいいかもしれません。
ぜひ、よろしくお願い致します。

Posted by IB井上 at 2010年11月04日 08:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166120768
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック