2010年01月01日

あけましておめでとうございます!


今年の最初の写真はこれです。

居間のカーペットの上で初日の光を浴びる僕のカメラ。

これ、40年前に僕が高校生の時に手に入れたカメラです。
新宿の当時はまだカメラ屋さんだった、ヨドバシカメラで買った時の興奮は
いまでもまだよく覚えています。

高校生の僕が迷わず「FTbをください」って言ったら、店員さんが驚いていました。

年末年始時間があったので、ひさしぶりに引っ張りだして電池を入れてフィルムを入れてみました。
懐かしい手触り。

今はデジタルカメラが全盛です。この写真もiPhoneで撮ってアップしました。
この便利さにはもうフィルムカメラでは到底敵いません。
デジタルカメラの恩恵には僕もどっぷりと漬かっています。

でも、機械式時計の価値観を肯定したり、機械式バイクを愛する僕としては
カメラも機械式を使ってみるのもいいかな、なんて思いたちまして。(^^)

このFTbというCANONのカメラはフルメカニカルなんです。
たまたまカメラの電子化が始まる直前のモデルだったんですね。

シャッターもフォーカルプレーン式です。露出計を内蔵してはいますが、
露出を実際合わせるのはカメラマンの仕事でカメラ自体が合わせてくれる訳ではありません。

もちろんフォーカスはマニュアルです。
フォーカスも絞りもシャッタースピードも全部撮影する自分がひとつひとつ決めるんです。
フィルムの巻き上げも自分の指でレバーを巻き上げて行います。

つまり、ピントをどこに合わせるか、露出をどこに合わせて何を表現するか、は全部カメラマン次第なんです。
デジタルカメラではそれを全部カメラが勝手にやってくれます。(人の笑顔を探し出したりまでして!)
多くの場合はそれでいいし、実際失敗がなくてとても便利で役にたちます。

ただあえて、普通とはちがう表現をしたい時にはそれがよけいなお世話になることもあります。
まあ、他人や機械に頼んでなんかをやってもらう場合は多少のことは我慢しなくてはね。

でも、この旧式のカメラで写真を撮るときには、全部を自分でやらなければならないかわりに、
そんな遠慮も我慢も要りません。

自分の好きなように、ピンぼけ写真でも、ブレて露出の合わない写真でも撮り放題!というわけです。ははは。(^o^)

実用的になにかを記録したりするにはデジカメを使うのが適切なことです。
でも、こと趣味で写真を撮るのなら、フィルム代や現像費・プリント代を払ってまでピンぼけ写真を撮るという「贅沢」もまたいいものなのではないでしょうか。

このカメラ、もって見るとびっくりするほど持ち重りがします。金属の塊。
そんなずっしりとした重ささえ、今となっては愛おしく感じられてしまいます。

このカメラで撮影した写真も(うまく撮れたら)いつかblogで公開しますね。(^^;;;

ね、こういう話しをしてると、機械式の旧いバイクやマニュアルギアの旧いクルマに趣味で乗ることと、
なんか共通してるものがありますよね。

Inoue Boring = IB
「IBい」と書いて「旧い(ふるい)」と読む。

IBは新しい技術に積極的に挑む一方で、旧いものの価値も大事にして行く。
そんな会社になりたいなあ、と新年に思いを新たにしていることろです。

今年もよろしくお願い致します。m(__)m








posted by sotaro at 12:21| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます
おかげさまでスバルは快調なサウンドで走っております。

懐かしいカメラですね!
かくいう私はPENTAXのSVを持っております。
小学生の頃、天文少年だった私は天体写真が撮りたくて貯めた小遣いで中古のSVを買いました。
今から30年ほど前の話です。
SPと違い露出計も内蔵していないのですが天体写真には関係なかったので中古でも高かったSPではなくSVを買ったのを記憶しています。
当時のカメラはどのメーカーも実に良い仕事をしていたと思います。
そのうち自分でオーバーホールしてみたいと思っています(笑)

では今年も興味の赴くままよろしくお願いいたします。
Posted by あつし at 2010年01月01日 18:14
あつし様、おめでとうございます!
スバル快調とのこと、たいへん嬉しく、また羨ましくも思います。ありがとうございます。

妻は大学卒業後ペンタックスの本社に勤めていまして、その頃世界最小の一眼レフAUTO110を付き合いで買って、これもいまでも持っています。

PENTAXもがんばって欲しい会社ですね。
カメラもご自分でオーバーホールですか?!いやあ、あつしさんの好奇心は留まるところをしりませんね。(^o^)

そちらの部品加工はお手伝いできかねます!ははは(^o^)。

こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。
Posted by IB井上 at 2010年01月02日 08:49
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

CANON FTBですか、懐かしいですね、自分も今でもオリンパスOM1を持っています。小さくて持ちやすいそしてシャッターボタンを押すとショックアブソーバーが利いて手振れを押えてくれる機能があります。
でも今ではやはりデジカメでEOSですね。
Posted by reo226 at 2010年01月02日 10:08
reo226様、おめでとうございます!
今年もよろしくお願い致します。

OM1もいいカメラでしたね。
オリンパスは最近「ペン」を出して好調のようですね。
僕もEOSは持っています。といっても10Dというちょっと前のものですが、これでも十分です。

それで、もう少しなにか旧いカメラでも買おうかな、ライカなんてどうなんだろうなんて思っているうちにFTbを思い出して引っぱりだしてみた、というわけなんです。
FTbと僕の間にもストーリーがあるので、他のカメラはとうぶんやめておきます。(^^)

Posted by IB井上 at 2010年01月02日 20:04
 今年もヨロシクお願いします! じゃ私もストーリーを。 我が家の「ミランダFv」は、私が4歳の時岩手の神社で拾って警察に届け、半年後自分のものになった代物でアリマス(42年前の実話)。
Posted by ぼんずやま at 2010年01月02日 22:02
ぼんずやまさん、おめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

それは、凄いストーリーですねー。ちょっと真似ができませんね。

やっぱりカメラってさすがに手放せませんよね。みなさんフィルムカメラをお持ちのようだから、みんなでフィルムカメラ写真コンテストでもやりましょうか。(^o^)

Posted by IB井上 at 2010年01月03日 08:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック