2009年09月02日

リム組み

今日はロフトでコバヤシくんとイチカワくんでエンジン載せ替えのための車体側の準備。

H2 001.jpg
リムはゴールド。スポークは欠品なのでウェットブラストをしてきれいに。

H2 002.jpg
ハブもウェットブラストして、ベアリングを替えて。

H2 005.jpg
TYのスポークはZ型のかわったやつです。

H2 006.jpg頑張っております。
フロント担当こばやし
リア担当いちかわ
です。

フロントは完成、かな?(^^)


次回はグリーンに塗ったフレームとエンジン、ホイールなどを組み合わせてみたいですね。

posted by sotaro at 18:01| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 水素バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずいぶん綺麗になりましたネェ
元を知ってるだけに・・・(^^;

スポークホイール自体スポークの張力による引き合いで
状態を保つと共にショック吸収を持つので、その辺と
強度向上のために変わったスポークしてるのかも?
古いOFF車で折れてないだけスゴイのかも?

Posted by BEAT at 2009年09月03日 09:38
BEAT 様、いつもありがとうございます。
実際、だいぶきれいになってきています。まだまだですが。(^o^)
スポークそうなんでしょうね。トライアル用に軽くて強いスポークなんだと思います。リムから出てハブを貫通して反対のリムまで、途中でクランクに曲がってつながっています。
Posted by IB井上 at 2009年09月03日 21:05
このころのバイクで余りスポーク折れの話が出てこないのは
構造が違うせいでしょうかねぇ。
自転車と同じ構造の物だと折れた千切れたは見ます。

有る程度コストを掛けられて、他社と競争をしていた時代の
バイクだからこそなのかも知れませんが。
Posted by BEAT at 2009年09月03日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック