2009年07月13日

通勤しながら思う事。

IMG_0365.jpg
これは自宅の部屋の窓から。
ここが通勤という移動の出発点です。シルエットの真ん中当りがトトロの森とも言われる八国山緑地です。

IMG_0367.jpg
会社にだいぶ近くなって、畑の真ん中でひと休み。

今日は90sssで会社に来ました。
やっぱり小さな乗り物は愉しいです。特に2ストは一所懸命走っている感じ・胸のすくような加速を感じさせてくれるところが最高です。でも、実際にはたいしたスピードではありません。60km/hとかなんです。

音や雰囲気だけ速くて実際には遅いなんて、これがサーキットだったら最低なことでしょうね。
あまり劇的に速さを感じさせない4ストの方が実際には速い、ということをそっちの方が価値があるという文脈で書いてある文章にも多く出会います。

でも、そうでしょうか。

映画館に行って映画を見ます。そこで起こっている事は全て事実ではない。(事実をもとにしたストーリィであったとしても)大きな画面の上で光がちらちらして、それに合わせて大きな音がするだけです。
でも、そこでひとは人生の真実を発見したりするわけですよね。感動して、何かを学ぶ(こともある)。

そこで起こっていることが事実ではないから意味がない、と考えるひとはあまりいません。バイクが実際に速くないから意味が無い、なんてことはないんです。

むしろほんとに速くないのに、速さを味わわせてくれる小さな2ストバイクのほうが、より優れた演出の施された作品だと言えるのではないでしょうか。

逆に言えば、ただ実際に速いだけで、それを感じられない乗り物なんて無駄なのでは?

なんてことを考えている内に、いつの間にか僕は会社に到着しました。(^^)
今日もいい一日になりそうです。




posted by sotaro at 07:51| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 移動について考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
井上さん!先日はありがとうございます〜
今日もステキな文章に感動しちゃいましたよ!
やっぱ日本人 身の丈に合ったスピードって
馬っくらいかも?なんて思いながら、
獣道、農道コースを開拓しています。
駆け上るウォンバットに必死でしがみついてる
おれは、運転 コントロールしてる感じじゃ無いね!
十分モンスター小動物。
とにかくすごく重要な文章だったです。ありがとう!
Posted by PUCCI at 2009年07月13日 09:42
ご無沙汰してます。
いつもいつも、井上さんの視点の鋭さには目からウロコがバリバリはがれる思いです。
これからの時代はバイクはアートな存在である意味合いがよりいっそう濃くならないと、未来は明るくないです。

バイクは感受性を育み、想像力を高める。
そういう道具であってほしいものです。
これからも、ずっと。
Posted by ヤマシタ@元クラブマン at 2009年07月13日 11:08
PUCCIさん、書き込みありがとうございます!
小さなバイクでも特にオフロードを走ると力強さを感じますよね。高速道路なんかでスピード出したってそんなの速く走れるのが当たり前でし、ちっとも面白くない、と僕は思っちゃいます。
アーティストにお褒めいただき、光栄です。イェーイ!!(^o^)
Posted by IB井上 at 2009年07月14日 11:12
ヤマシタさん、こんにちは!
これまた、過分なお言葉をありがとうございます。嬉しいです。
ほんとに、これからも、ずっと、というところに力が入っちゃいますよね。
これまた編集者のかたにお褒めにあずかり、光栄です。
やったー。
(またどこかで僕の文章を発表できたら、うれし〜な〜〜!)
Posted by IB井上 at 2009年07月14日 11:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック