2019年03月29日

【LABYRI (R)】(標準文字)ラビリが商標登録完了!

IMG_4454.jpeg

iBの多気筒2ストロークエンジン用ラビリンスセンターシール
【LABYRI(R)】(標準文字)ラビリが商標登録完了しました。

シリンダーの【ICBM(R)】と合わせてどちらもエンジンに超長寿命をもたらす、iBの理念に沿った製品です。

【LABYRI(R)】はこの後も、すでに販売開始しているHONDA-NSR('89-MC21/MC28) YAMAHA TZR(3XV) リトルツイン用などに加え、
HONDA-NSR(MC16/'88) KAWASAKI-350ss/KH H1/H2用など続々と開発計画を形にしていきます。

005-32-800x600.jpeg

181127_DX_5010.jpeg

また、超レアな機種でゴム製センターシールが入手できないものでも、費用はかかりますがラビリRならワンオフで削り出すこともできますので、どうぞご期待ください。

2ストロークバイクの耐久性・価値を4ストローク車に負けないものとするためにiBはこれからも力を尽くしていきます!

「エンジンで世界を笑顔に!」
posted by sotaro at 14:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

東京モーターサイクルショウ

L2770707.jpgL2770716.jpgL2770732.jpgL2770720.jpgL2770714.jpg
iBブースはひっきりなしの大盛況です!

明日明後日までやっていますのでぜひ遊びにきてください!

posted by sotaro at 21:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

iBは旧いモーターサイクルの価値を高める仕事をしたい。

初の東京モーターサイクルショウ出展を目前にして、
もう一度iBの存在意義・我々の目指すものについて、考えを整理してみました。



バイクの世界ではクルマの世界以上に「速い=エラい」と考えられる風潮があります。

ですが、特に旧いバイクの場合には、バイクを速くなるように改造したりすることは、「バイクの価値を下げてしまう!」結果になりやすいのです。
その最大の理由は、バイクを速く改造することは、引き換えにバイクの耐久性を落とすことにつながるから、です。
刹那的な速さを求めたければ、新しいオートバイでおやりになるのがよろしい。
貴重な旧いバイクを耐久性を落としてまで速くすることになんの意味があるでしょうか。


こんな言葉があります。
「ボアアップに勝るチューニングなし。」

これはエンジンをいたずらに高回転化することもなく排気量が増えることで結果的に大きな力を手に入れるのですから、確かに的を射た名言です。iB (株)井上ボーリングはボーリング屋として誇りを持って、エンジンのボーリング作業に66年にわたって取り組んできました。
その優れた方法ですら、それでもスリーブの壁を薄くし、再度ボーリングする余地を減らして、やはり耐久性はいくらか損なわれているのです。
ましてやボアアップ以外の様々な方法によるチューニングは、高すぎる回転数や大きくなったパワーがエンジンや車体の他の部分を痛め、バランスの崩れた性能は大きく耐久性を損ねることになりかねません。

スピードを出しすぎて転倒や事故につながったのでは、バイクの価値を増すどころか、元も子も無くしてしまう。
それ以前にむやみに改造されたバイクの価値は低減し、再販価格は間違いなく低下します。あなただって、オークションで誰かが改造したバイクなど買いたいとは思わないことでしょう。

それでもあなたはお金をかけて価値を損ねてまで、旧いバイクに速さを求めますか?


iBが提案する加工や部品や技術は、すべてエンジンの耐久性を圧倒的に高めることで「旧いバイクの『価値を高める』こと」を目的としています。
プラトーホーニング・WPC&MOS2処理・ラビリ™️・そしてICBM (R)。
2ストのIN/EXポートに柱を立てることまで。

すべて、です。


なにかの避けられない理由で愛車を手放す切ないその時に、
バイクの価値を無に等しく扱われるのと入手時以上に高く評価されるのと、
どちらが望ましいでしょうか。

旧いバイクは20世紀が残した人類共有の機械遺産です。
その資産としてのバイクの価値を高めるために、iBは持てる技術を使っていきたいと思います。

旧いバイクを愛するお客様と手を携えて、22世紀の未来まで旧いバイクを残していきたい。
それが、iBの夢です。
posted by sotaro at 16:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

東京モーターサイクルショーにiB初の出展!!

IMG_4315.jpeg

東京モーターサイクルショウ東京ビッグサイトで3月22日(金)から24日(日)まで。

今年66年目のiBの歴史の中で初のこんな本格的な展示会に出展することになりました。
KKURUMIさんはじめ技師一同も展示会のセミナーを受講し、準備も万端です。
iB Lady 2名ももちろん参加!!

ブース.jpg
こんな感じのブースになる予定です。

今回はiBが12年の開発を経て成功した画期的なエンジン内径仕上げ技術【ICBM(R)】をメインにご紹介します。

内径仕上げの最終兵器【ICBM(R)】は、鋳鉄スリーブを削り落とし、アルミメッキスリーブを挿入してダイアモンド砥石でホーニングすることで実現する
軽くて
放熱性がよく
滑りがよくて
焼きつきにくい
そしてこれが最も重要なことですが、ほとんど「減らない」と言っていいような
理想のシリンダーを作る技術で、使い込んで痛んだ旧いシリンダーが生まれ変わります!!

ブースでは体験アトラクションとして「井上ボーリングボウリング大会」を開催。(^o^)
ストライク・スペアを出した方毎日先着10名様には、ICBM(R)と同素材のA6061-T6材から削り出しのiBキーホールダーを進呈。
その他の方にも参加記念品としてiBステッカーを差し上げますので、奮ってご参加ください!

さらに、ブース内では川越iBで開催される
「オートバイ肺活量診断」の特別無料参加の申し込みができます。

そのほかにも今話題のLABYRI (TM) NSR用抜けないセンターシールなども展示します。

ツーリングシーズンも直前!3月22-24日はぜひ東京モーターサイクルショー
iBブースにお越しください。(西2ホール 2-51)一番右の入り口入ってすぐ左側!!


たくさんのiBファンのみなさんのご来場をおまちしております!!m(_ _)m


------------
招待券についてはご好評のうちに締め切らせていただきました。
ありがとうございました。




posted by sotaro at 15:27| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする