2017年09月25日

移動の自由について

近未来の交通システムの動画をネットでみかけました。
エクゼクティブな美しい女性がオフィスビルのエントランスを出て行くと、
それに合わせてスーっと無人のEVが滑るように迎えに来て、女性はそのクルマに乗って出かけて行く。

近未来にはクルマを個人で所有する人は数少なくなって、ほとんどのクルマは交通システムの一部になってしまう。どんな都合にも合わせてAIの交通システムが必要な時に必要な場所にクルマを配置してくれるのなら、確かに実用としては自分でわざわざ所有する必要もなくなってしまうでしょう。
充電に時間のかかるEVでもこういうシステムの中でなら、なんら不都合はないのでしょうね。

はて、そういう時代が来た時、バイクは一体どうなっているんでしょうか。
そんな時代にもまだ内燃機関を積んだ乗り物は存在意義があるのでしょうか。

確かにAIや交通システムの進化によって、移動の自由を保障するという点ではもう個人所有のクルマやバイクは必要がなくなっていくというのは理解できます。

でも、「用が足りればそれでいい」ということにならないのが人間のやっかいなところであり、また素晴らしいところですよね?

おそらくそんな世の中になっても、どうしても「自分の手でクルマを運転したい。」「バイクでエンジン音と対話しながら風を切って自然の中を走りたい」というわがままな人間の欲求はきっとなくならないのだろうと思います。
どうしても不便であっても無駄であっても12気筒のフェラーリに乗りたいんだ、という人もきっといるでしょう。

というか、内燃機屋である僕らのような仕事をしている人間はそこに賭けるしかないのだろうと思っています。

だとすれば、僕らもただ「性能のいいエンジン」や「精度の高い加工」を「より早く」「安く」提供するというようなことでは、これからは見向きもされなくなっていきそうです。
いや、かならずそうなるでしょう。

不便だけれど最高に美しいクルマ。危険ですらあっても生きていることを実感させてくれるモーターサイクル。不便で危険で高価で無駄な乗り物なのに、それでも愛される理由をもっていなければ、これからはクルマもバイクも生き残っていけないのではないか。

iBは「移動の自由を保障することによって人を幸せにしよう」そう考えてやってきましたが、これまではそれでよくても、近未来にはおそらくそれだけでは足りなくて、もっと別の価値を提供しなくてはならなくなるのでしょう。

L2680485.JPG


「価値のある移動」を提供できる乗り物。そしてそれを支える技術。
そういうことがこれから我々にも必要になっていくのだろうと思います。

「価値のある移動」とはなにか。それを真剣に考える必要がある、と思っています。



posted by sotaro at 14:11| 埼玉 ☔| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

monthly "Web SHERPA" 第6号 公開中。

WebSHERPA6.jpg
http://sotaros.juno.bindsite.jp/websherpa/
monthly "Web SHERPA" 第6号が9月13日に公開になっています!
・先川知香の乗って感じた!
     --トライアルに挑戦!
・新連載「エンジンで行こう!」は"Tokyo Night Flight"
ヘリコプターで往く東京上空夜間飛行!
・KKURUMIさんのモンキーレストアプロジェクト第6回
他にもビッグホーンのレストアなど盛りだくさんにお送りしていきます。
ぜひご覧ください!

このところ当blogの更新頻度はすくなくなっています。
blogは主に長い文章を必要とするような記事を発表する専用の場になっています。
日々の更新はここからもリンクあるFacebookをご覧ください。
(Facebookに登録していないかたでもご覧いただけます。)

またmonthly "Web SHERPA"も毎月第2水曜日に更新しています。
blogへの投稿は減ってもiBの情報発信はますます好調です。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
posted by sotaro at 14:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする