2017年05月02日

柱の逃し測定結果

NSR250R シリンダー 再メッキ後 柱の逃し形状測定結果
あえて公開します!

18194781_1743881468960547_9011774051434823235_n.jpg

上はどちらか他社さんでおやりになったものです。お客様のご依頼があり測定しました。おそらく手持ちのリューターで加工したものでしょう。長さがまったく不足(柱の部分しか加工してない)で深さも不足、断面はヨレヨレです。
これでも焼きつかないんだなあ、と感心しますが、H社さんにこんなものを納めたら間違いなくロットアウト(全数不良)をくらうでしょうね。(^o^)

下がiBが加工したものです。柱の逃しの断面形状はこうでなくてはなりません。マシニングセンターでダイアモンドツールを使用し、図面のテーパー・直線・曲線Rの指定に正確に従って仕上げてあります。

NSR再メッキの仕事はiBの内燃機加工の仕事全体の1%にも満たない仕事です。
別に再メッキの仕事をウチに出してほしくてこんなデータを公開しているわけではありません。再メッキの仕事がやりたくて仕方がないわけでもありません。でも、再メッキをしなければ新品のシリンダーは7万円以上もすると聞いていますし、'88のシリンダーは入手不可能です。NSRを愛するかたがたに末長く乗り続けていただきたいから続けている仕事です。

上のような逃しでは、取り過ぎればメッキの剥離・加工不足な部分では抱きつき・焼きつきに至る可能性が高く、データ公開の理由はこんなシリンダーのバイクに乗るのは危険だろうと思うからです。

どうか、NSRを愛するかたがたのご理解をいただければと思います。m(_ _)m
posted by sotaro at 16:17| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | NSR再生技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする