2016年05月27日

SR-ICBM™について

10422308_921356931213009_6123803601408785494_n.png

iBの夢=「減らないシリンダー」
本当に実現して、製品化後最も力を入れてPRしているのが「SR-ICBM™」です。
(全く減らないわけではありませんが、減らないと言っていいほどの耐摩耗性です)

先日のSR Meeting in DAYTONでもたくさんのお客様に高い関心を持って見ていただきました。あまたあるシリンダーの中で、なぜSR用でなくてはならなかったのか。

iBの熱い思いを下記からご確認いただければ、と思います。

http://www.ibg.co.jp/pdf/SHERPA_VOL4SR.pdf
coversherpa04-thumbnail2.png
posted by sotaro at 09:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

SR Meeting 2016

昨日5月22日 静岡県のデイトナテストコースにおいて
スラクストンさん主催のSR Meetingが開催されました。

iBは総勢11名の参加で、万全の体制でイベントに臨みました。
L2640704.jpg
IMG_8965.jpg

iB Ladyも大活躍!
L2640611.jpgL2640617.jpg
熊本の地震災害への募金活動!

L2640644.jpgL2640669.jpg
ジャンケン大会はMCもお手伝いして、会場を盛り上げました。

この日は好天に恵まれ、暑かったのでお配りしたiBウチワも大好評!!
L2640605.jpgL2640610.jpg

ブースにはたくさんの方に訪れていただき、SR-ICBMや超軽量クランクなどを見ていただきました。
IMG_8965.jpg

iBの6名はツーリングを兼ねて下道からバイクで参加。うち2台がSR。
L2640703.jpg
実はSR以外のKH250改やGS750も会場の注目を集めていました。

SRのエンジン解体ショウやドイツのカスタムショップKEDOさんの参加もあり、
盛りだくさんなイベントになっていましたね。

KEDOさんに選ばれ表彰される赤いSR。
L2640671.jpgL2640682.jpg

iBは今ICBM™を強力にプッシュしていますが、その中でも単気筒であるため比較的価格を抑えてトライができるSR-ICBMについてはイチオシのアイテムとして、ご紹介をしています。

ぜひ、永く愛されるSRというバイクには最適なSR-ICBM™をご採用ください!
きっと他では得られない満足感を永きにわたって感じていただけると思います。

よろしくお願い致します。


posted by sotaro at 09:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

旧車増税について思うこと。

13092152_1170788609634601_2261900358520178008_n.jpg

父上が愛したモーターサイクルを
 ご子息が乗り継いでいかれるような、
落ち着いた世の中がいつまでも続いていく。

iBはそのお役に立ちたいと願っているんです。

-------
旧いオートバイを大事にしていくというようなことが、特殊な趣味の世界のことだというふうに受け取られないで、ごく普通の当たり前のこととして好感を持って受け取られるような世の中になったら、最高ですよね。

ところで、日本で旧いクルマやバイクの税金が高くなる、と怒ってらっしゃるかたも多いようです。
ドイツのようにむしろ旧いクルマは税金を安くして優遇すべきじゃないのか!
というわけです。

お気持ちはよくわかるんですけど、僕はあまりそれに同調できない気持ちも感じます。

旧いクルマは排気が汚い、燃費が悪い。
これは事実なわけです。
これからは旧い車は今の車より危険だ、というようにも言われるようになるかもしれませんね。

いくらiBできちっとボーリングしてエンジンを好調に保ったとしても、
もともとの設計が古くて技術的に劣っているので、こればかりは仕方がありません。
その点、世の中にたいしてちょっと申し訳なく思う面があります。

そこで、税金がいくらか高く設定されているとして、旧い乗り物を乗っている人たちはその負担をあえてして、社会にそれなりに貢献というかお返しはさせていただきつつ旧いものに乗っているのだ、となれば多少は気が引けずに旧いものに乗り続けることもできるように思うんですが、こんなふうに考えるのはへんなことなんでしょうか。

旧いものの価値を訴えること自体はもちろん賛成なんですが、
旧い乗り物を大事にすることが世界に受け入られていくことを願う時、
増税に腹をたてるというようなメンタリティーでいいのかどうか、、、どうしてもちょっとひっかかるものがあるんです。(^^;;;;;;

と同時に、
もし増税反対の方が増税が嫌な理由が実は金額の負担自体ではなくて、
「社会から罰されているように感じてしまうこと」が理由だとしたら、、、。
その場合には上に書いた考えに立てば、そんな感じを持つ必要はなくなるとも思います。





posted by sotaro at 06:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする